女性

気をつけよう

美肌を作る洗顔について

笑顔

潤いのある透明感のある美肌は、女性にとっての憧れでもあります。 スキンケアを重視したりサプリメントや食事に気をつけたりなど、美肌になるために頑張っている女性もたくさんいらっしゃいます。 美肌になるためには、やはりスキンケアの基本である洗顔をおろそかにしてはいけません。 汚れをしっかりと落とすのが役目ですが、スキンケアの一環として、基礎化粧品が浸透しやすい肌状態を作るという目的も持っています。 そのため、肌にダメージを与えないようにすっきりと洗い上げるのが大切です。 肌に必要な皮脂や潤い成分は残すようにして、汚れのみをしっかりと落とすというのを心がけましょう。 そのためにも、自分に合った洗顔料を選んで、丁寧に優しく洗うのがポイントです。

すすぎの温度には充分に注意しよう

洗顔の基本はしっかりと洗顔料を泡立てて、泡で丁寧に洗っていくというのが大切です。 泡立てと洗い方には気をつけているという方でも、すすぎの時のお湯の温度にまで気を使っている方は意外と少ないです。 洗顔の適温とは、32度から34度くらいと言われています。 皮脂は30度で溶けてくれるので、それよりやや高いくらいの温度が最適です。 しかし、お湯の温度が高すぎると、肌に必要な皮脂や潤い成分まで洗い流してしまって、肌が乾燥しやすくなり美肌からはどんどん遠ざかってしまいます。 特に寒い冬場などには、お湯の温度が高すぎる場合があるため、充分に注意が必要です。 逆に温度が低すぎると皮脂や油性の汚れが固くなってしまって、毛穴に詰まりやすくなります。

Copyright©2015 唇のカサカサ乾燥の改善方法|自分に適した美容液 All Rights Reserved.